もの食う話

編者 文藝春秋
文春文庫


物を食べることには大いなる神秘と驚異がひそんでいる。性欲とも好奇心とも無縁ではなく、そもそも猥雑で滑稽なものではないのか。荷風、百閒、向田邦子、筒井康隆など、“食”にまつわる不安と喜び、恐怖と快楽を余すところなく描いた傑作の数々を収録したアンソロジー。豪華メニューです。食べすぎにご用心!(背表紙紹介文より引用)


状態:ヤケ、スレ

¥ 400

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • [1商品ごと]文庫本

    1冊:スマートレター、2冊〜4冊:レターパック、5冊以降:ゆうメール

    全国一律 100円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価