危険信号

著者 阿刀田高
講談社


美津子は幼いころからよく腹痛をおこした。それも肝心なときに。そして会社の同僚の並木から遠出のドライブに誘われたときも腹痛がおき,淡い恋は去ってしまった。結局並木は美津子の友人芳枝と結ばれたのだが、これには裏があった!人生の危険信号を軽妙に描く秀作集。(「BOOK」データベースより)


状態:ヤケ、天シミ
初版

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • [1商品ごと]単行本

    1冊:レターパック、2冊以降:ゆうメール

    全国一律 250円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。