古典の森へ

著者 田辺聖子、工藤直子
集英社
ハードカバー


これは毎日新聞から月一回発行される家庭版「はないちもんめ」に連載したものです。「ミセスのティータイム」という欄に「おせいさんお茶がはいりました」というタイトルで、「はないちもんめ」編集長の山崎れいみさん、書きとめ役の工藤直子さんを相手に、私が古典の周辺をとりとめもなくおしゃべりする、というものでした。(中略)私の少女時代、さまざまな作家が筆をとって古典の紹介をされていたものでした。少女の私はそれらをむさぼり読み、そこから空想を紡いで、原点を想像したものでした。このささやかな案内の書が、年若い方の心に落ちた一粒の種子となり、いつか花を咲かせることになればどんなに嬉しいことでしょう。(「はじめに」より引用)


状態:良 ヤケ

¥ 700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • [1商品ごと]単行本

    1冊:レターパック、2冊以降:ゆうメール

    全国一律 250円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。