江戸団扇

著者 大庭柯公
中公文庫


維新の挿話、菓子の話、動物の芸、かわや考、カフェー、公園私園……。江戸の面影を残しつつも、西欧の高襟風俗の流入に活気あふれる明治・大正の東都の姿を、新聞人の広い視野で活写する世相風俗百話。(背表紙紹介文より)

新聞記者であった著者が、1918年に東京朝日新聞に連載したコラム。

状態:良、ヤケ

¥ 300

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • [1商品ごと]文庫本

    1冊:スマートレター、2冊〜4冊:レターパック、5冊以降:ゆうメール

    全国一律 100円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。