エホバの顔を避けて

著者 丸谷才一
中公文庫


エホバを恐れて旅立ち、大魚にのみこまれた靴職人のヨナは、吐き出されて予言者となり、ニネベで町の滅亡を説く。無信仰な市民たち。王位をねらう策謀。騒然たる町に予言の日が近づいてくる。旧約聖書のヨナ書に題材をとる異色の作。著者の三つの長編小説のうち最初のもの。重厚清新な力篇である。


状態:ヤケ

¥ 350

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • [1商品ごと]文庫本

    1冊:スマートレター、2冊〜4冊:レターパック、5冊以降:ゆうメール

    全国一律 100円

※2,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価